SMBCモビットの金利は他社よりも高い?利息を抑えて返済する方法を紹介

SMBCモビットに限らず、ローンは借りたら利息を上乗せして返さなければなりません。

この利息の負担の大きさを決めるのが金利です。

金利は元金に対する利息の割合のことを指し、金利が大きいほど返済額は高くなります。

少しでもお得に借り入れするために、返済時の金利にも注目して消費者金融を選びましょう。

今回はSMBCモビットの金利について他社と比較しながら解説し、利息を抑えるための方法を紹介します。

SMBCモビットの金利はいくら?

SMBCモビットの金利は3.0%~18.0%(実質年率)です。

「3.0%の金利でお金が借りられるの?」
「もしかして、銀行カードローンよりもお得に利用できる?」
そうですね、この数字を見るとついつい3.0%の方に目が行ってしまうかもしれません。

しかし、通常いくら位の金利に設定されるのでしょうか。

特に初めて消費者金融を利用する人は、自分に適用される金利の目安がつきませんよね。

適用される金利はどのように決まるのか、他社に比べてSMBCモビットの金利はどの程度なのかを紹介します。

適用金利は審査によって決まる

適用される金利は、審査によって決定した借り入れ限度額と契約者の返済能力に応じて決まります

カードローンは借り入れ限度額が少なければ高い金利が、借り入れ限度額が多ければ低めの金利が設定される仕組みです。

しかし、返済能力によって金利が異なるので、一律でいくらとは断言できません

また、借り入れ限度額によって上限金利が定められており、その法律を利息制限法と言います。

利息制限法の上限金利は以下のとおりです。

借入限度額上限金利
10万円未満20.0%まで
10万円~100万円未満18.0%まで
100万円以上15.0%まで

銀行や消費者金融などの金融機関は、この利息制限法で定められた上限金利を超えないように金利を設定しなければなりません。

ちなみにSMBCモビットの最低金利である3.0%が適用されるのは借り入れ限度額上限の800万円の場合で、800万円借りるためには年収2,400万円以上が必要です。

なぜなら総量規制という法律で、消費者金融といった貸金業者は年収の3分の1以上の貸し付けは禁止されているからです。

高額融資は低金利で借りられますが、SMBCモビットから高いお金を借りるのは簡単ではありません。

初めて利用するときは金利が高めに設定される

初めてSMBCモビットを利用するときは、ほとんどの場合で18.0%の金利が適用されると考えていた方が良いでしょう。

初回利用はまだ返済実績と信用がなく、SMBCモビットは返済能力を測れません。

そのためSMBCモビットもお金が返ってこなかった場合のことを考えて、借り入れ限度額は少なく金利は高く設定します

借り入れ限度額を増枠したり、金利交渉を行ったりするためには、最低でも6か月以上は利用してSMBCモビットからの信頼を得ましょう。

他社との金利を比較

SMBCモビットは他の消費者金融と比べると金利が高いのか、以下の表を参考に見てみましょう。

会社名借入限度額金利(実質年率)
SMBCモビット1万円~800万円3.0%~18.0%
アコム1万円~800万円3.0%~18.0%
アイフル1万円~800万円3.0%~18.0%
プロミス1万円~500万円4.5%~17.8%

SMBCモビットは特に金利が高いわけではありませんし、きわめて平均的な水準ですね。

金利を比較するときは最大金利をチェック

他社と金利を比較するときは最大金利をチェックしましょう。

先ほど述べたように初回利用の多くは最大金利が適用されるのが通常です。

先ほどの表の中でSMBCモビットと金利差があるのは、プロミスだけです。

下限金利はSMBCモビットよりも高いですが、上限金利は0.2%安いのがわかりますね。

微々たる差ではありますが、少しでもお得な金利で借りたいのであれば最大金利に注目して比較検討しましょう。

また、無利息期間はあるか、24時間借りられるかなど他のサービスも参考にカードローンを比べてみても良いですね。

返済シミュレーションで返済額を確認しよう

「金利18.0%とひと口で説明されても、どれくらいの金利なのかよくわからない」
「具体的に毎月いくら返済しなければならないの?」
そうそう、カードローンの金利の計算って分かりにくいですよね。

また、返済方式を確かめないで借り入れしてしまうと「毎月の返済が想像以上に厳しい」なんてことも起きるかもしれません。

SMBCモビットに申し込むときは返済シミュレーションを必ず行い、毎月の返済負担額をしっかり把握しておくことが大事です。

最高金利で借りたときの総返済額

最高金利の18.0%で10万円、30万円、50万円を借りた場合の、SMBCモビットに返す毎月の返済額と支払総額を一覧にしてみました。

SMBCモビットでは、借り入れ金額に応じて毎月の最低返済額が決まっています

それぞれの借り入れ金額の最低返済額は、次の通りです。

借入金額最低返済額
10万円4,000円
30万円11,000円
50万円13,000円

この最低返済額で返済した場合のシミュレーションを見てみましょう。金利18.0%で計算しています。

借入金額毎月の返済額返済総額利息合計返済期間
10万円4,000円126,260円26,260円32か月
30万円11,000円388,683円88,683円36か月
50万円13,000円751,057円251,057円58か月

借り入れ金額が大きいほど返済期間が長くなり、元金に対する利息の割合は大きくなるのです。

借入後はゆっくり返済していこうと考えていた人は、SMBCモビットから借りる前に負担しなければならない利息の金額を計算してみてください。

金利18.0%で30万円借りて3年間で返す場合は、多めに見積もると9万円近くの利息が発生します。

返済手数料がかかる場合は、元金と利息だけの返済とはいきません。

利息を返済するだけでも大変だと感じる人もいるのではないでしょうか。

SMBCモビットの金利を下げる方法はある?

「SMBCモビットをずっと借りても金利優遇は無いの?」
「返済額シミュレーションをしたら、元金に対して総返済額が想像以上に大きかった」

SMBCモビットを検討している人や会員には、そう感じる人も多いのではないでしょうか。

計画的にSMBCモビットの利用や返済をしていけば、返済シミュレーションよりも負担を減らすことが可能です。

上手に返済をして金利の負担を減らし、賢くSMBCモビットを利用しましょう。

増枠することで金利を下げられることもある

利息制限法に基づいて、融資額に応じた上限金利が設定されています。

つまり借り入れ限度額を増枠することで、金利を下げられることがあるのです。

ただし、借り入れ限度額を増枠するためには、SMBCモビットの審査が必要です。

最低でも6か月は借入と返済を数回繰り返して、SMBCモビットに「利益を生む優良顧客」という判断をされなければ増額は難しいので注意しましょう。

ただし増額審査は減額や利用停止もあり得る

増枠審査は、返済能力と個人信用情報が初回契約と同様にチェックされますが、さらにSMBCモビットでの利用実績も加味されます。

SMBCモビットの実績は2、3か月で判断されることは難しく、最低でも半年程度の利用が必要です。

この期間に、複数回借りて返済日までに返済するという実績があれば、SMBCモビットから利益を生む優良顧客として評価される可能性が高いです。

そのため「1回借りたきり利用していない」または「返済期限に遅れてしまった」ということがあると、増枠審査にとおることは難しくなります。

また、SMBCモビットの利用実績だけでなく個人信用情報に傷が付くような金融事故や、年収のダウン、転職して1年以内など、ネガティブ情報は不利になるので注意しましょう。

ネガティブな情報は審査にとおらないどころか、現在のSMBCモビットの借り入れ限度額を減額されたり、最悪の場合は利用停止になったりすることがあります。

実は、増額審査はかなりのリスクを伴いますので、SMBCモビットの実績や個人信用情報などに自信がない人は、申し込みを控えた方が良いでしょう。

また、増枠は審査がされるため、必ず金利が下がるとは言い切れません

一般的に増枠審査は初回の審査よりも厳しい傾向があり、思いもよらないリスクもあるのです。

利息を抑えるなら繰り上げ返済がオススメ

同じ金額を借り入れても、繰り上げ返済するだけで支払総額を大きく減らすことができます。

最も利息の負担が大きくなるのは、毎月決まった返済日に最低返済額だけ支払って返済していく方法です。

つまり最低返済額よりも多めに支払いこまめに返済していけば、先ほどシミュレーションした返済額よりも負担は軽くなるということです。

分かりやいように10万円の借り入れに対し最低返済額(4,000円)で返済していくパターンと最低返済額に2,000円上乗せした6,000円で繰り上げ返済したパターンを表にしてみました。

借入金額:10万円(金利18.0%)

毎月の返済額返済総額利息合計返済期間
4,000円126,260円26,260円32か月
6,000円115,930円15,930円20か月

毎月の返済額を2,000円増やすことで利息を10,330円抑え、返済期間も12か月短くすることができました。

また極端な例ではありますが、SMBCモビットに借り入れ1か月後に一括返済した場合は次のようになります。

返済総額利息合計返済期間
101,500円1,500円1か月

返済目途が立っている場合は一括返済や繰り上げ返済を行った方が返済負担は軽くなります

毎月の支出の中で節約できる部分を、追加の返済に充てましょう。

SMBCモビットでは毎月決まっている返済期日に加え随時返済も可能なので、完済までSMBCモビットへの支払いを優先するのがポイントです。

優良顧客は適用金利の交渉ができる

利用実績を積み重ね「この人はお金を何度貸しても必ず返してくれる」とSMBCモビットからの信頼を得られれば、適用金利の値下げ交渉ができるケースがあります。

利益が出る範囲内であれば金利を下げたとしても、多く利用してもらうことでSMBCモビットもプラスになりますよね。

SMBCモビットの利益を生んでいて、今後もメリットになる相手であれば、十分交渉の余地はあります

ただし、金利を下げる交渉は自分からSMBCモビットに電話をかける必要があります。

タイミングとしては、新たに借り入れるときや増枠申し込みをするときなどが良いでしょう。

もちろん金利交渉は優良顧客と判断されるほかに、「返済遅れが全くない」「収入が安定している」「個人信用情報に問題がない」などが大前提です。

それから収入が上がったなどのポジティブな情報があれば、さらに金利交渉が成功する可能が高くなります。

SMBCモビット以外の金利が低めのカードローンは?

「お金が必要で借りているんだから、カードローンの繰り上げ返済は難しい」
「優良顧客の実績を積むまでに、想像以上に時間がかかりそう」

そう感じる人は、最初から適用金利が低めのカードローンを選びましょう。

SMBCモビットといった消費者金融に比べ、銀行カードローンは金利が低く設定されています。

ただし、即日融資が受けられない、消費者金融に比べると利用対象者の幅が狭い傾向にあるなどの注意点があります。

返済能力や個人信用情報に自信がある人は、銀行カードローンにチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

金利の低いキャッシングは銀行カードローン

消費者金融に比べ、金利が低く設定されているのは銀行カードローンです。

銀行は数多く存在するため、どこを選べば良いのか分からない人も多いかもしれません。

いくつかの銀行カードローンの金利と限度額を一覧表にしたので、参考にしてみましょう。

銀行・商品名金利(実質年率)借入限度額
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%10万円~800万円
三菱UFJ銀行カードローン
(バンクイック)
1.8%~14.6%10万円~500万円
新生銀行スマートカードローンプラス4.5%~14.8%1万円~500万円
みずほ銀行カードローン1.5%~13.5%10万円~800万円
楽天銀行カードローン1.9%~14.5%10万円~800万円
イオン銀行カードローン3.8%~13.8%10万円~800万円
住信SBIネット銀行カードローン
スタンダードコース
8.99%~14.79%10万円~300万円

銀行カードローンの金利を比較するときは、消費者金融と同じように最高金利を比べるようにしてください。

この中で最高金利が最も高いカードローンでも、新生銀行スマートカードローンプラスの14.8%で、SMBCモビットの18.0%と3.2%もの金利があります。

少しでも利息を節約したい人は消費者金融だけでなく、銀行を含めて比較検討してみてください。

SMBCモビットと銀行カードローンの支払額を比較

消費者金融と銀行カードローンでは、金利に大きく差がありますが、実際の支払額はどれくらいの差があるのでしょうか。

SMBCモビットと同じSMBC系列の三井住友銀行カードローンで比較してみましょう。

例えばそれぞれの最高金利で10万円、20万円、30万円借り入れたとして、それを12か月で返済した場合は、毎月の返済額は以下のようになります。

10万円借りた場合は、毎月の返済額は165円ですが、総支払額に1,980円の差が出ますね。

小さな差ですが、借り入れ金額が大きく返済期間が長いほど、当然毎月の返済額と総支払額の差はどんどん開いていきます

無利息サービスのある消費者金融もオススメプロミスやアコムなどの大手消費者金融には一定期間利息がかからない、無利息期間サービスというものがあります。

無利息期間中に金融機関に支払えば、借りた金額だけの返済で済むので、銀行カードローンよりもお得になりますよ。

無利息の適用期間や条件は会社によって異なりますので、借り入れ金額や返済期間に応じて自分にあったところを選びましょう。

ただし、残念ながらSMBCモビットには無利息サービスはありません

SMBCモビットのように無利息サービスがない消費者金融もありますので、損しないためにもあらかじめ情報収集することは非常に大切です。

まとめSMBCモビットは他社と比較しても、金利が低いということはありません

しかし繰り上げ返済を積極的に行い、優良顧客と判断されてから金利交渉や増額申し込みを行うことで利息の負担を抑えることが可能です。

お金を借りた後は、今度は返済生活がスタートします。

自分が毎月いくら返済しなければならないのか、利息はいくら支払っているのかを把握し無理や無駄のない返済計画を立てましょう。

SMBCモビットの毎月の返済額(適用金利18.0%)三井住友銀行カードローンの毎月の返済額(適用金利14.5%)
10万円9,1679,002
20万円18,33518,004
30万円27,50327,006