SMBCモビットの利息を他社の消費者金融と比較してみた|借入金利を低くするコツとは?

「SMBCモビットでお金を借りたいけど、金利が高いのでは?」と不安に感じていませんか。

SMBCモビットの金利は他の消費者金融とあまり変わりませんが、金利を低くするコツがあります。

この記事では、SMBCモビットの金利事情と、金利を下げて利息の負担を軽減する方法を紹介します。

SMBCモビットをお得に活用したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

SMBCモビットの金利と消費者金融・銀行の金利を徹底比較

「SMBCモビットの金利って、他業者と比べてどうなの」と気になっている人は多いと思います。

しかし、消費者金融や銀行の公式サイトで、金利を全てチェックするのは大変ですよね。

そこで、消費者金融各社と銀行の金利比較を、一覧にまとめました。

結論、「SMBCモビットは他業者と比べると標準的な金利だが、銀行と比べると高い」と言えます。

他社金融機関のローン金利の比較

大手消費者金融各社の金利の比較は、以下の通りです。

会社名下限金利上限金利無利息期間
SMBCモビット3.0%18.0%なし
アコム3.0%18.0%あり
アイフル3.0%18.0%あり
プロミス4.5%17.8%あり
レイクALSA4.5%18.0%あり

下限金利は、プロミスとレイクALSAが1.5%ほど高いです。

しかし、SMBCモビットに限らず、カードローンは基本的に上限金利が適用されるので、初回利用で少額の借入の場合、下限金利を気にする必要はあまりありません。

そのため、見るべきポイントは上限金利になります。

上限金利は、プロミスが17.8%と最も低いですが、差は0.2%と各社ほぼ横並びです。

つまり、消費者金融からお金を借りる場合、どの業者を選んでも「初回契約時の金利はほとんど変わらない」ということになります。

ただし、SMBCモビットは「無利息期間がない」点に気をつけましょう。

金利は変わらなくても無利息の期間がないために、他社よりも多くの利息を支払わないといけません。

銀行カードローンとの比較

次に、銀行カードローンの金利を見てみましょう。

会社名下限金利上限金利
三菱UFJ銀行1.8%14.6%
三井住友銀行4.0%14.5%
みずほ銀行2.0%14.0%
楽天銀行1.9%14.5%
イオン銀行3.8%13.8%

上限金利を見ると、消費者金融各社と比較して、3〜4%ほど金利が低いです。

銀行カードローンの金利が消費者金融よりも低いのは、契約の際に保証人保証会社をつけることで、返済されなかったときのリスクに備えているからです。

そのため、保証会社の審査も受けなければならないので、審査にやや時間がかかります。

一方、消費者金融は自社で審査が完結するため、即日融資が可能なことも多いです。

したがって、金利を重視するなら銀行、スピードを重視するなら消費者金融のように、特徴に合わせて使い分けるのがベストです。

プロミスとSMBCモビットで利息額を比較してみよう

プロミスとSMBCモビットでは、上限金利に0.2%の差があるので、返済額にかかる利息額にも差が生じます。

しかし、0.2%と言われてもピンとこないので、実際どれくらいの差があるのか金額で確認してみましょう。

例として、プロミスとSMBCモビット、それぞれ借入額10万円、30万円、50万円で、利用日数が30日の場合の利息額を計算しました。

借入額SMBCモビットプロミス差額
10万円1,479円1,463円16円
30万円4,438円4,389円49円
50万円7,397円7,315円82円

※「利息額=借入額×金利÷365×利用日数」で算出
※初回であることを想定し、金利は最大利率で計算

50万円借り入れた場合でも82円の差なので、0.2%の金利差はそこまで大きくないと言えます。

ただし、返済期間が長くなるほど、トータルで支払う利息の差は広がっていきますので気を付けてください。

SMBCモビットには無利息期間がない

無利息期間サービスは「30日間無料」など、一定の期間内に返済すれば利息がかからないというサービスです。

期間内に返済できる目処があるなら、利息を支払わず借りた分だけのお金で返済できるので、最大限に活用したいところです。

ところが、SMBCモビットにはこの無利息期間がありません

プロミスやアコム、アイフル等の大手消費者金融では無利息期間を設けていますが、SMBCモビットでは無利息期間がないので注意が必要です。

既に返済の目処がついている人は、無利息期間のある消費者金融を利用した方が、少ない利息で返済できますよ。

SMBCモビットの借入金利を低くする方法

借入金利を低くする方法は、SMBCモビットだけで100万円以上の借入をすることです。

実は、法律上で100万円以上貸すときには、金利が引き下げなければならないと決まっています。

しかし、借入限度額により100万円以上借りることができない場合もありますよね。

ここでは、金利を低くする方法について、詳しくみていきましょう。

新規契約者はほとんどの人が18.0%の金利が適用される

初めてSMBCモビットで借入する場合、多くの人が上限金利である18%が適用されます。

上限の金利が適用される理由は、初回契約者の返済能力を正確に判断できないからです。

簡単に言うと、「ちゃんとお金を返してくれるか、信用できない」ということです。

逆に低い金利が適用される人は、ほとんどの場合において、最大限度額に近い金額を借りた場合です。

SMBCモビットの限度額である800万円が設定され、かつ、他社も含めた取引履歴が優良と判断される場合において、低い金利が適用されます。

したがって、限度額を増すためには、延滞せずにしっかり返済していくなど、SMBCモビットと利用者の間で良好な取引実績を積み上げていくことが必要になります。

ただし、「年収の1/3を超える貸付をしてはならない」という総量規制という法律があるため、800万円借りるためには、最低でも年収2,400万円が必要です。

100万円以上の借入で金利が下がる

利用制限法という法律により、借入額に応じた金利が制限されており、消費者金融や銀行はこの金利以上は設定できません。

上限金利の制限は以下のとおりです。

借入額100万円以上15%
借入額100万円未満18%
借入額10万円未満20%

100万円以上の借入を行う場合は、15%までが金利の設定上限です。

そのため、SMBCモビットの上限金利は18%ですが、100万円以上の借入れを行う場合、15%よりも低い金利が適用されるのです。

例えば、金利18%で90万円の限度額が設定されている人が、増額手続きを行って100万円の限度額になったとします。

この場合100万円の借入は金利15%までと決まっていることから、10万円の増額により金利が15%となり、3%引き下げることができるのです。

増額審査を受けてみよう

増額とは、借入限度額を増やす手続きのことです。

SMBCモビットでは新規借入時の審査の際に「あなたが借入できる金額=借入限度額」が設定されます。

この限度額を増やすためには、増額審査を受ける必要があります。

増額審査では、「増額してもちゃんと返済できるのか」という点から、次の3つが重視されます。

  • 返済能力
  • 返済実績
  • 信用情報

何度も滞納していたり、契約時よりも収入が著しく低下している場合は、審査に落ちてしまう可能性があります。

また、増額審査に通るためには1年程度の継続利用が必要です。

よって、「1年程度の利用実績」「安定した収入と労働環境」「延滞せずにしっかり返済」の3つのポイントを満たしている場合は、増額審査に有利といえます。

SMBCモビットで支払利息を少しでも減らすには?

毎月の支払利息を減らしたいのは言うまでもないですね。

少し極端な話にはなりますが、返済期間が短ければ短いほど、支払利息を減らせます。

裏を返せば、ダラダラと長期間借入してしまうと、利息はどんどん膨らむということです。

そこで、返済期間を短くするための方法である、繰り上げ返済について紹介します。

返済期間が長くなるほど支払利息が大きくなる

返済期間による利息額の変化について、確認してみましょう。

10万円を金利18%で借りた場合は、以下のような支払利息になります。

返済期間支払利息
6ヶ月5,312円
12ヶ月10,004円

10万円を借入れした場合、返済期間が半年長くなると、利息が2倍近くになることがわかりました。

要は返すのに時間がかかるほど、利息は増えるということです。

自身の収入に合わせて返済するのがベストですが、返済期間が長引くと利息が増えてしまうということを、知っておく必要があるでしょう。

支払利息を減らすには積極的に繰り上げ返済しよう

支払利息を減らすためには、返済期間を短くする必要があります。

そこで、繰り上げ返済を活用することが大切です。

繰り上げ返済とは、好きなときに、好きな金額を返済する方法のことで、月に何度でも返済することができ、提携ATMや銀行振込から支払うことができます。

ただし、無理をして返済する必要はありません。

繰り上げ返済は、毎月支払っていく返済額とは別扱いになります。

繰り上げ返済に注力しすぎて、毎月の指定日に返済できないという事態になっては、本末転倒です。

もし、指定日に返済できなかった場合は、あなたの信用情報に傷がつきます。

ボーナスが入ったときなど、余裕がある範囲で返済を行うようにしましょう。

SMBCモビットの返済方法や返済額を確認しておこう

利息について確認できたところで、SMBCモビットの返済方法と返済額を確認しておきましょう。

SMBCモビットでは、返済方法や返済日を、自分の都合に合わせて選択することができます。

返済方法は3種類

SMBCモビットの返済方法は「口座振替」「ATM返済」「銀行振込」の3つです。

それぞれ、手数料や特徴が異なるので、自分の都合にあった返済方法を選びましょう。

返済方法手数料特徴
口座振替無料手数料が無料
返済忘れのリスクがない
利用できる銀行が限られる
ATM返済三井住友銀行ATM:無料
それ以外のATM:有料
提携ATMが全国に14万台ある
コンビニATMなら24時間利用可能
銀行振込有料(※)手数料が高い
返済忘れのリスクがある
どの銀行からでも利用できる

※会員専用サービス「Myモビ」内のインターネット返済サービスであれば手数料無料。ただしネットバンクを利用できる銀行口座が必要。

口座振替

口座振替は、毎月の返済日に自動で引き落とされるので、うっかり返済を忘れてしまうなんてことを防げますし、手数料が無料です。

しかし、口座残高には注意をしておかなければ、お金が足りずに引き落とせない可能性があります。

銀行によって引き落としのタイミングは異なりますが、引き落とし日の前日までには入金しておくようにしましょう。

口座振替を利用するためには、下記のいずれかの預金口座が必要です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

なお、通帳には「SMBCモビット」とは記載されずに「SMBCM」と記載されます。

一目では気づかれないように、配慮がされているので、他の人に通帳を見られる可能性がある人も安心です。

ATM返済

SMBCモビットは自前のATMがありませんが、提携しているATMが全国に約14万台(2019年9月現在)あるので、ATMが見つからなくて困ることはないでしょう。

提携先は三井住友銀行やゆうちょ銀行などの銀行ATMや、セブン銀行やローソン銀行などのコンビニATMです。

三井住友銀行に設置されたATMなら、手数料無料で取引することができます。

しかし、それ以外の提携ATMでは利用手数料が必要です。

利用手数料は、取引金額によって2通り設定されています。

1万円以上220円(税込)
1万円以下110円(税込)

手数料を無料にしたい場合は、三井住友銀行ATMを利用するか、ファミリーマートにあるマルチメディア端末「Famiポート」を利用すると、手数料無料で取引できるのでオススメです。

銀行振込

銀行振込は、近くの銀行やネットバンクから、SMBCモビットの口座宛に自分で振り込みをする方法です。

自分のタイミングで返済したい場合や、最低返済額以上の金額を振り込みたいときに便利です。

ただし、振込手数料は利用者負担になります。

手数料は金融機関によって金額が異なるので、確認が必要です。

銀行振込を行う場合は、手数料がかかる点と、返済忘れのリスクがあることに気を付けましょう。

SMBCモビットの返済日

返済日は「5日」「15日」「25日」「末日」から、自分に都合のいい日を選択ができます。

給料日の直後など、無理なく返済できる日を選ぶとよいでしょう。

また、返済日が金融機関の休業日(土・日・祝日・年末年始)にあたる場合は、返済期日は翌営業日になります。

SMBCモビットの毎月の最低返済額

SMBCモビットでは、借入残高に応じて最低返済額が決められています。

借入残高(※)最低返済額
10万円以下4,000円
20万円以下8,000円
30万円以下11,000円
40万円以下11,000円
50万円以下13,000円
60万円以下16,000円
70万円以下18,000円
80万円以下21,000円
90万円以下24,000円
100万円以下26,000円

※最終借入後の残高をもとに算出

20万円を借入れた場合、最低返済額は8,000円となり、完済するまで同額を返済し続けます。

また、100万円以上借り入れた場合は、20万円増やすごとに4,000円が加算されていきます。

なお、追加で融資を受けた場合、最低返済額も変更されます。

例えば、30万円を借入れて毎月11,000円の返済をしていた場合、20万円返済したタイミングで40万円を追加で借入したとします。

その場合、「残りの10万円+新たに借入れた40万円=借入残高50万円」になるので、最低返済額は13,000円になります。

SMBCモビットの返済シミュレーションを利用して返済管理をしよう

SMBCモビットの公式サイトでは、返済シミュレーションを行うことができます。

シミュレーションでは、「毎月の返済額」と「返済月数」の2通りを確認することができるので、30万円を借りた場合を例にして、表にまとめてみました。

なお、SMBCモビットのシミュレートでは利息額が表示されないため、手計算して概算を記載しています。

【例:30万円を金利18%で借りた場合】

返済月数毎月の返済額(※1)返済総額(※2)総利息額(※3)
6ヶ月52,657円315,942円15,942円
12ヶ月27,503円330,036円30,036円
24ヶ月14,977円359,448円59,448円

※この数値は概算のため、実際の利用状況によって変化します。
※1 毎月の返済額=SMBCモビット公式サイトのシミュレートから算出
※2 返済総額=毎月の返済額×返済月数
※3 総利息=返済総額ー借入額

半年で返済する場合と、2年で返済するのとでは、支払利息に43,506円の差が出ることがわかりますね。

このように、シミュレーションを利用して返済のイメージを掴むことをオススメします。

自身の収入に合わせつつ、繰り上げ返済を活用するなどしながら返済期間を短縮して、SMBCモビットをお得に利用しましょう。

まとめ

SMBCモビットの金利は、他業者と比べると標準的で、銀行と比べると少し高いです。

しかし、繰り上げ返済を活用して支払期間を短縮することで、利息を下げることができます。

また、増額による金利の引き下げを検討してみるのも良いかもしれません。

自身の収入の範囲内で、計画的な返済を行い、SMBCモビットをお得に利用しましょう。