SMBCモビットの審査時間はどれくらいかかる?融資までを短縮するポイントを紹介

急な出費は、すぐにお金を用意するのが難しいですよね。

「今日中にお金が必要になってしまった」
「なるべく早くお金を借りたいんだけど……」
そんなときもSMBCモビットは強い味方になってくれます。

SMBCモビットは条件が合えば申し込んだその日にお金を借りることが十分可能です。

しかし、最短即日で借り入れするためには、いくつかの注意点があります

今回はSMBCモビットの審査にかかる時間を解説するとともに、融資までの時間をできるだけ短縮する方法を紹介します。

SMBCモビットの審査にかかる時間は審査状況次第

SMBCモビットの公式サイトには最短30分で審査が完了すると記載されていますが、実際はどうなのでしょうか?

「審査が30分で終わるなら、ギリギリに申し込んでも大丈夫だよね?」
「お金が必要な時まで時間があるし、余裕じゃない」
そんな考えは、とても危険なのでやめましょう。

SMBCモビットの審査にかかる時間について、詳しく解説します。

あくまでも最短で30分

SMBCモビットの結果が分かるのはあくまで「最短30分」のため、申し込んでみて実際にはそれ以上に時間がかかることは当然考えられます。

申し込む曜日や時間帯によっては、翌日以降の審査になることもあるので注意しましょう。

また、最短30分で審査結果を得るためには、祝日を除いた月曜日から金曜日の19時までに申し込みを完了しておくという大前提があります。

そのため申し込んだ全員が、最短の30分後に結果が分かるわけでは無いのです。

土日の申し込みは在籍確認が取れないと時間がかかる

SMBCモビットを含め、消費者金融では審査の過程で在籍確認を行います。

在籍確認とは申告した勤務先で働いているのか、会社に審査担当者が電話をかけて確認するという作業です。

WEB完結申し込み以外は、電話による在籍確認を受けなくてはなりません。

そのため土日祝日など自分の勤務先が休業日の場合はSMBCモビットが在籍確認が取れず、審査に時間や日数がかかるので注意しましょう。

もし勤めている会社が在籍確認が取りにくいという事情がある人は、申し込み前にSMBCモビットへ電話をかけて相談しておくことをおすすめします。

事情によってはSMBCモビットに求められる書類を提出することで、電話以外での在籍確認で対応してくれる可能性があります。

その場合の必要書類は、保険証と1ヶ月分の給与明細を用意しましょう。

審査結果が来ないときに自分で出来ることは?

審査は時間がかかることもあると十分に理解していても、結果が出るまでは不安を感じてしまいますよね。

「もう申し込んでから半日くらい経つんだけど」
「今日中に借り入れできるのかな……」
審査の結果は、借入の時間も考えるとなるべく早く知りたいですよね。

実はSMBCモビットから審査結果がなかなか来ないというときに、自分でできる対応策があるんです。

審査結果照会で審査状況を確認できる

自分の審査状況が今どうなっているのか知りたい人はSMBCモビットの公式サイトにある「審査結果照会」で確認することができます。

審査結果照会をするためには「ユーザーID」「インターネットパスワード」「生年月日」の入力が必要です。

もし入力項目が分からなくても専用フォームから照会できますが、IDとパスワードは契約後も使用するので忘れずに管理しておきましょう。

なかなか審査結果が通知されないと「申し込み手続きが正しくできてなかったのかな」「審査で何か問題があったのかな」と不安に感じることもあるかもしれません。

しかし落ちた場合にも、審査結果は必ず通知されます。

SMBCモビットのコールセンターに聞いてみる

もし申し込み後2日~3日経過しても審査結果の連絡がない場合は、以下の番号に連絡し確認してください。

SMBCモビットコールセンター:0120-03-5000
営業時間:9:00~21:00

SMBCモビットに審査の進み具合や結果を聞きたい場合は、9:00~21:00の営業時間に電話しましょう

審査結果がなかなか来ないときの原因は?

混雑時期でもないのにSMBCモビットからなかなか連絡が来ない場合には何かしらの原因があると考えられます。

「遅いってことは審査に落ちたのかな」
「なんで審査に時間がかかっているんだろう」
そうそう、融資を急いでいるのに審査に時間がかかっていると、不安になりますよね。

審査結果の連絡が遅くなる原因を知っていれば、自分でも対処できるのでぜひ参考にしてください。

審査内容の確認に時間がかかっている

SMBCモビットの審査結果が来ないときに考えられることの一つは、審査内容の確認に時間がかかっているということです。

SMBCモビットとしても、貸したお金を必ず返してもらえる人を審査に通さなければいけません。

そのためには最初に申し込み内容が正しいものなのかを個人信用情報に基づいて裏付けを取り、返済能力や信用力を慎重に判断する必要があるのです。

特に他社も含め借り入れ件数や残高が多いといった、借り入れ状況や返済状況が思わしくない場合はより一層時間をかけて審査を行います。

もしSMBCモビット以外に複数の借り入れがあれば、申し込みは保留してまずは返済に集中してください。

また、これまでのローン返済で不安なことがある人は、個人信用情報を開示請求して確認しておく対策を立てるべきでしょう。

金融事故が個人信用情報に記録してあると、審査に時間がかかるどころか審査落ちするため注意が必要です。

在籍確認が取れない

SMBCモビットの審査に時間がかかるときに考えられることは、会社が休業日で在籍確認が取れないというパターンです。

土日祝日や、平日でも勤め先の電話応対時間が終了した後は、SMBCモビットが在籍確認で電話をかけてもつながらないということが想定できます。

在籍確認が取れない状況で金融機関のローン審査に通ることはありません

審査時間を短縮するポイントを5つ紹介

SMBCモビットの混雑具合や審査状況によって審査にかかる時間は大きく変わります。

「もしかして、審査が混まない時間や時期があるのでは?」
「万全に準備しておけば、審査時間は少なくて済むんじゃない?」
実は、審査時間短縮にはコツがあります。

ちょっとしたポイントを意識するだけで審査時間を短縮することが可能なんです。

SMBCモビットに申し込むときは、これから紹介するポイントをぜひ参考にしてください。

1.午前中や予定の前日に申し込む

午前中や借り入れ予定の前日など、なるべく時間に余裕を持って申し込みましょう

いくら最短30分と言っても審査結果が出るまでに予想以上に時間がかかることも想定されるので、借り入れが必要な日まで審査に余裕を持たせることが大切です。

例えば予定のある前日の夜に申し込んでおいて、翌日の早い時間帯に結果がくれば契約までスピーディーに進めることができ、その日のうちにお金を借りられます

時間や曜日を気にせずに振り込み融資を受けらる「モアタイムシステム」導入済の金融機関は、契約後はSMBCモビットからいつでも借り入れが可能です。

しかし、申し込む曜日や時間帯によっては翌日以降の審査になるケースがあるので、その日のうちに契約できるよう時間を逆算して申し込みを行いましょう

また、モアタイムシステムに参加していない金融機関は、営業時間内の振り込みなので気をつけてください

振り込み融資を受ける口座がある銀行はモアタイムシステムを導入しているのか、申し込み前に確認しましょう。

2.希望額を少なめにする

申し込みのときに借り入れ希望額を少なくすることも、審査時間を短縮するポイントです。

借り入れ希望額が多いと、それに見合った返済能力や信用力があるのか慎重に確認されるため、審査時間が長引くおそれがあります

希望額を少なめにして申し込むと「貸金業の融資は年収の3分の1まで」という総量規制という法律に触れません。

収入とバランスのとれた希望額は、審査では自分の返済能力を理解していると判断されます。

また、希望額を高く設定するよりも、貸し倒れのリスクが低いと見られるため審査が早く進むのです。

なるべく多く融資してもらいたい人は、半年以上の返済実績を積み重ねてから増額申請をしてみましょう。

3.電話でSMBCモビットに急いでいることを伝える

とにかく時間がないという人は、申し込み後に下記の番号に電話をかけて融資を急いで欲しいことを伝えましょう

SMBCモビットコールセンター:0120-03-5000
受付時間 9:00~21:00

SMBCモビットの混雑具合によりますが、優先的に審査を進めてくれる可能性があります

なおSMBCモビットにはいくつかのフリーダイヤルがあるので、かけ間違いのないように注意してくださいね。

4.あらかじめ必要書類を用意しておく

スムーズにSMBCモビットの申し込みや審査を進めるためにも、あらかじめ必要書類を用意しておきましょう

SMBCモビットに申し込むための必要書類は以下の通りです。

WEB完結とそれ以外で準備する書類が違うので、一緒に確認しましょう。

WEB完結以外の方法で申し込む場合

①本人確認書類の写し(いずれか1点)

  • 運転免許証
    ※変更事項がある場合は裏面コピーも必要
  • 健康保険証
    ※本人の氏名・生年月日・住所のページ、カード型保険証の場合は裏面コピーも必要
  • パスポート
    ※顔写真および住所のページ

②収入証明書類の写し(いずれか1点)

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書 ※直近2ヶ月分 賞与がある場合は直近1年分の賞与明細書もあわせて提出

個人事業主の場合は「営業状況確認のお願い」の提出が必要になる場合があります。

「営業状況確認のお願い」はSMBCモビットの公式サイトよりPDFファイルでダウンロード後記入しましょう。

WEB完結で申し込む場合

①本人確認書類の写し(いずれか1点)

  • 運転免許証
  • パスポート

②収入証明書の写し(いずれか1点)

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書
    ※直近2ヶ月分 賞与がある場合は直近1年分の賞与明細書もあわせて提出

③健康保険証の写し

  • 全国健康保険協会発行の社会保険証
  • 組合保険証

5.申し込みが多いタイミングにも注意しよう

SMBCモビットからのスピード融資を希望するときは、申し込みをするタイミングにも注意が必要です。

特に何かと出費がかさむ、金曜夕方からの週末や年末年始、春先、お盆は申し込みが殺到する時期なので避けてください。

他にも会社の昼休み終業時間前後の夕方頃も混雑する時間帯と言えます。

最も良いタイミングは、融資を希望する日の午前中には申し込みを終わらせておくことです。

SMBCモビットの在籍確認も受けやすいですし、モアタイムシステム対応外の金融機関でも当日中に振り込み融資が受られる可能性がありますよ。

審査に落ちてしまう人の共通点を紹介

審査基準は各消費者金融によって異なりますが、審査落ちしてしまう人にはいくつか共通点が存在します

「他社借入があるけど社会保険証を提出しているから、審査には自信があったのに」
「1ヶ月前にローン支払いの延滞を解消したから、大丈夫だと思う」
待ってください、こんな人こそ要注意です。

次に紹介する内容に心当たりがある人は、審査時間が長引くどころか審査落ちする可能性があるため、まずは現状を解決させてから申し込むことをおすすめします

同じ時期に他社へ申し込んだ

どれくらいの期間で何社以上申し込んだら審査に落ちやすいという明確な基準はありませんが、目安は1ヶ月に3社以上です。

SMBCモビットの審査に通るか不安になり、落ちたときの保険として他社に申し込む気持ちはよく分かります。

しかし短期間に複数のローンに申し込むと「すべての審査に通過したときに返済してもらえない可能性がある」と返済能力を疑問視されます。

また、「少しずつ借りて不正利用を企んでいるのではないか」と疑われたりしてもおかしくありません。

また短期間に複数のカードローンに申し込むことを「申し込みブラック」と言います。

申し込みブラックになると個人信用情報の申し込み履歴が消えない状態が続き、ますます借りにくくなるので注意しましょう

ローンに申し込んだことは、個人信用情報に6ヶ月間記録されます。

審査が不安な気持ちは分かりますが、申し込みは1ヶ月に2社までにとどめておきましょう

他社の融資可能額や借り入れ件数が多い

他社で多くの融資可能額や借り入れ件数があるということは、すでに毎月高額な返済負担が発生しているということです。

この状態でSMBCモビットに申込すると、毎月返済できるのか疑問に思われても不思議ではありません。

また総量規制に抵触するリスクもあるので、SMBCモビットから一層厳しい目で審査が行われることになります。

無理のない返済計画を立てられるように、借りることだけでなく借りた後の生活も考えなければなりません。

複数の借り入れがある人はまずは返済に集中し、借り入れ額や借り入れ件数を減らすように心がけてください。

個人信用情報にキズがある

カードローンの審査は、申し込んだ人の個人信用情報が必ず確認されます。

個人信用情報とはクレジットカードやカードローンなどの申し込み内容や、利用状況で起きた問題だけでなく、契約内容も記載されたものです。

SMBCモビットはこの個人信用情報に基づいて審査を行いますので、個人信用情報にキズがあれば審査に通りにくくなります

個人信用情報にキズがあるとひと言で言ってもその程度はさまざまですが、過去に61日以上の長期延滞や強制解約、債務整理などの金融事故の履歴があると審査に通りません。

また、一度でも金融事故を起こすと5年から10年間は個人信用情報に記録されます

個人信用情報はCIC、JICC、KSCの3つの機関で管理されており、システムを使って3機関で共有しているため、他社のローンの金融事故は隠すことはできません

個人信用情報に記録されるのはクレジットカードやローンカードの他にも、奨学金や毎月の携帯料金、スマホ端末の割賦支払いなども含まれます。

少しでも個人信用情報に不安がある人は手数料を支払うことで開示できるので、確認してみてはいかがでしょうか。

簡易診断を受けると個人信用情報に登録される

「審査に通るのか申し込みの前にシミュレーションをしておきたい」
「簡易診断で審査の可能性がわかるなんて親切だなぁ」
簡易診断という言葉で、そんな風に考える人も多いでしょう。

SMBCモビットの公式サイトには「お借入診断」と「簡易審査」の2つのツールがあります。

「簡易診断」は本人確認書類を提出するとともに、申し込みの名前や生年月日などより細かな内容を申し込みフォームに入力し短い時間で融資可能か診断します

しかし、簡易診断はSMBCモビットの申し込みフォームとなっているため利用するかどうか慎重に判断しなければなりません。

実際は、診断ではなく正式なローン申し込みになるため、事前にいくつかの同意事項が表示されます。

その中でも特に注意しなければならないのが同意事項に記載されている通り、申し込んだだけでも個人信用情報機関のCICへ個人情報が提供されてしまうということです。

申し込み後にCICに登録されると6ヶ月間は、SMBCモビットの審査を受けたという履歴が残ります

ただシミュレーションしたいだけだったのに、申し込む形になってしまったということがないように注意してください。

「お借入診断」は生年月日、税込年収、他社借入金額の3項目を入力すれば借り入れが可能か診断できるのですが、あくまで総量規制に触れていないかどうかをチェックする程度の簡単な診断です。

ただ、「お借入診断」は個人信用情報機関に登録されることはないので、安心して利用できますよ。

SMBCモビットと他社の融資までの時間を比較してみた

SMBCモビット以外にも、スピーディーに審査をしてくれる消費者金融は数多く存在します。

SMBCモビットと他社の審査時間や融資までの時間を各金融機関の公式サイトの記載をもとに比較したので、ぜひ参考にしてみてください。

金融機関名審査時間融資までの時間
SMBCモビット最短30分最短即日
アイフル最短30分最短即日
プロミス最短30分最短1時間
アコム最短30分最短即日
レイクALSA最短15秒最短1時間
ジェイスコア公式サイトに記載なし最短即日
セントラル最短30分最短即日
アロー最短45分最短即日

※あくまで最短であり、申し込みの曜日や時間帯によっては、翌日の取り扱いになる場合があります

上記のように大手消費者金融は、申し込みから審査結果が出るまでの最短時間は大きな差がないことが分かると思います。

消費者金融を検討するときは、「無理のない返済計画が立てられる」「近くに提携ATMがある」「モアタイムシステムに対応している」など商品性や利便性を重視することも大切ですね。

まとめ

SMBCモビットは最短30分で審査結果が通知されるため、即日融資も十分に可能です

ただし、申し込む曜日や時間帯によっては翌日以降の審査になることを忘れてはいけません。

なるべくスピーディーに手続きを進めるためには、申し込みには繁忙期を避け審査を受ける時間帯にも注意してください。